採用情報

看護部ニュース

看護部長あいさつ

看護部長

メディカルトピア草加病院は2012年に上尾中央医科グループの病院として開院しました。
「love your life now-愛し愛される病院-」の基本理念のもと、看護部が目指すのは、最高の仲間とともに心に添う看護を実践することです。
看護師の私が、私たち医療チームが患者さんのためにできることは何でしょうか?
心に添う看護とは、患者さんの思いをそのまま受け入れること、気持ちに寄り添うことが大切であり決して忘れてはならないことだと思います。
病棟で働く看護補助の方々や看護師の事務的業務を担うクラークも看護部の大切な仲間です。 看護部一人ひとりのキャリアを支援し自己成長できるよう、そして患者さんが安心して医療・看護が受けられるよう、love your life nowを合言葉に、患者さんも職員も幸せになれる看護部を目指していきたいと思っております。

看護部基本方針

Smile for you, smile for us!
「最高の仲間(医療チーム)とともに心に添う看護をめざします」

実行方法

  • 自己研鑽をかさね、質の高い看護を提供します。
  • 安全で快適な環境を整え、看護を実践します。
  • チームで連携し、最善の看護を提供します。
  • あたたかい接遇で信頼・満足度の高い看護を提供します。

看護部概要

許可病床数
(80床)
プレミアムフロア病棟 30床
コンフォート病棟 50床
施設基準 一般病棟 入院基本料7:1(急性期)
看護提供方式 チームナーシング(一部モジュール型)
看護体制
(2交替制)
日勤 8:30~17:30(8時間)
夜勤 17:00~9:00(16時間)
看護単位
(5単位)
病棟看護科 2単位
内視鏡看護科 1単位
手術室看護科 1単位
外来看護科 1単位
休日(休暇) 10日/月 年間120日 有給休暇(初年度10日)
昇給賞与 昇給1回/年 賞与2回/年(7月・12月)

TOPへ

継続教育

キャリアラダー制度

看護師として専門的知識や技術を段階的に習得できるようキャリアラダー制度を取り入れて います。各レベル別の評価項目に関連付けてOJTや集合研修・e-ラーニング研修など組み 合わせてレベル別研修を実施しております。

キャリアラダー制度

・新人看護師教育制度
院内での集合研修や現場教育を組み合わせ、新人看護師が自分自身で考える力や振り返る時間が持てるような指導を心がけています。看護師人生の一歩を踏み出した新人看護師の思いを大切に育み、経験から多くの学びを次に活かせるよう、私達は支援しています。

・既卒看護師教育制度
今までの看護師キャリアを活かし、ライフイベントに応じたワークライフバランスを大切にしながら働き続けることができるよう、私達は支援しています。

年間スケジュール

TOPへ

部署紹介

コンフォートフロア看護科

コンフォートフロア看護科係長 倉持幸子

コンフォートフロア看護科係長 倉持幸子
コンフォートフロアは内科系疾患・内視鏡治療関連・一部外科手術の受け入れを行っている混合フロアです。病棟内は清潔感あふれるモダンな作りで、ベッド周囲は広くゆったりとした療養環境となっています。スタッフは皆、心と心が通い合うあたたかい看護をめざし、日々頑張っています。明るく笑顔が素敵な看護師がそろった病棟です。

プレミアムフロア看護科

プレミアムフロア看護科係長 岩上広子

プレミアムフロア看護科係長 岩上広子
プレミアムフロアは、主に手術をされる方、ワンランク上の快適な療養環境を希望される方を対象としたフロアです。手術の大半は、低侵襲で身体に優しく、傷の小さな内視鏡手術を行っています。病室は主に個室で、共有スペース共に落ち着いた色合いを基調とし、温かみのある空間となっています。また、プライバシーにも配慮され、患者さまやご家族が穏やかに過ごせるよう、居心地の良いホテルのような作りになっています。
看護スタッフも他職種と連携し、患者さまの不安が少しでも軽減し、安心して治療に専念できるよう、親身に寄り添う看護を提供しています。

手術看護科

手術看護科主任 斎須里絵

手術看護科係長 斎須里絵
当院では外科・婦人科・泌尿器科・整形外科の内視鏡を中心とした手術が、年間約1300例以上行われています。手術看護科メンバーは、元気とチームワークの良さが自慢です。
手術室はホテルのような廊下を進み、木目調の扉を開けると、壁いっぱいに花や海辺の風景が見えてきます。手術当日には前日にご自身で選んでいただいたアロマと音楽でお迎えいたします。手術という不安を抱え入室される患者さんが少しでもリラックスできる様、様々な工夫をしています。

内視鏡看護科

内視鏡看護科係長 鈴木亜紀子

内視鏡看護科係長 鈴木亜紀子
内視鏡看護科は、内視鏡検査の事前説明から、検査前・検査後まで関わり、医師と協同した医療・看護を提供しています。
検査室は3室で、安全で苦しくない内視鏡検査・治療にこだわっております。検査では拡大内視鏡や超音波内視鏡も行っています。治療はポリープ切除やESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などを行っており、年々件数が増えています。
また、充実したリカバリー室で検査後しばらく休息して安全に帰宅していただいています。内視鏡の洗浄・消毒は委託業者が行っており、看護に専念できる環境が整っています。
現在、7名が消化器内視鏡技師認定の資格を有しており、資格取得準備中の看護師も数名で、勉強熱心なスタッフで構成されています。
内視鏡検査は、辛い・怖いといったイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、患者さん個々のご希望をお聞きしながら楽に検査を受けていただけるよう心がけております。 内視鏡ページへ

外来看護科

外来看護科係長 宇田川美代子

外来看護科係長 宇田川美代子
外来看護科は看護師とクラークで構成されています。週3日から午前中のみの勤務スタッフもおり、子育てをしながらのワークライフバランスを大切にしています。
外来は病院の窓口にあたります。来院した患者さんを温かく迎えられるよう、笑顔をモットーに日々、奮闘しています。安全・安心かつスムーズな診療が受けられるよう、患者さん個々のニーズに合わせた看護を提供していきます。気軽にお声掛けください。

訪問看護科係長

訪問看護科係長 山口恵美子

訪問看護科科長 山口恵美子
新生児から高齢者まで幅広い年齢の方を対象に「個別性・家族性を重視した継続的な看護を提供する」という方針のもと日々訪問しております。 病気や障害があっても住み慣れたご自宅でその人らしい生活が送れるように、ご本人やご家族の意思・ライフスタイルを尊重し、こころを込めた看護をお届けいたします。
療養生活をおくる人々が地域で安心して暮らせるように確かな技術と知識を持った訪問看護師がお宅へ伺いケアをさせていただきます。
抜群のチームワークで、365日24時間体制でご利用者様、ご家族様を支えております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

TOPへ

福利厚生

子育て支援

病院近隣に完備した「きらきら保育室」では、生後6ヶ月から就学前までのお子さんをお預かりしています。365日開所しており、安心してご勤務いただける環境を整えています。

きらきら保育室

きらきら保育室

きらきら保育室

ワークライフバランス

充実した休日体制として年間120日の休日(月10日)で、心と体をリフレッシュ!職員寮として、快適なプライベート時間を過ごしていただくため住みたい物件に対して家賃支援体制を整えております。

ワークライフバランス

ワークライフバランス

ワークライフバランス

TOPへ

保育室だより

きらきら保育室では、人として土台作りとなる大切な時期に、子どもたちが様々な人・物・自然と出会い、その中で豊かな経験をすることを通じて、生きていく力(豊かな感性・他者への思いやり・主体的に考え行動する力)を育んでいけるよう努めております。
子どもたち一人ひとりに寄り添い、保護者様が安心して預けられる保育室となりますよう心掛けて参ります。

きらきら保育室

毎月発行“きらきらだより”が、ご覧になれます。(PDFダウンロード)

TOPへ

先輩ナースからのメッセージ

プレミアムフロア 谷本まりな

プレミアムフロア 谷本まりな
私の働いている病棟は、消化器外科と婦人科と女性泌尿器科がメインの病棟です。転職して初めて経験する科もありましたが、それまでの経験に合わせてフォローしてくれる体制が整っているので、安心して働くことができました。腹腔鏡手術をされる患者さんが多く、短い入院期間の中での関わりを大切にし、手術に対して不安を抱える患者さんの気持ちに寄り添う看護を心がけています。

現在は子育てをしながら働いていますが、教育係の一員として業務内での勉強会を企画するなど、病棟全体で継続学習できる環境を作るよう取り組んでいます。スタッフ間のコミュニケーションが充実しており、日々の業務の中でもみんなで声をかけ合い、協力し合うため、残業がほとんどありません。育児との両立ができ、ワークライフバランスを叶えるのに最適な環境だと思います。

コンフォートフロア 米山侑里

コンフォートフロア 米山侑里
新卒から入職し2年目となりました。内科系疾患、手術目的の外科が混合する病棟で働いています。様々な疾患の患者さんを看護する中で、日々勉強に励んでいます。

2病棟含め80床ではありますが、病院全体がとてもアットホームで優しい先輩達ばかりです。入職してフロアに新人は2人でしたが、先輩達がいつも気にかけて下さり、不安なことや質問、相談もしやすいです。小規模ながら専門性の高い難しい症例も多く扱っているので、学べることが多いことが魅力的だと感じています。

TOPへ

TOP