減量外科(保険適応)について

高橋医師よりメッセージ

最近、食べ過ぎだから食事を控えないとなぁ、そろそろ運動しないとだけど、仕事も忙しいからできないなぁなど皆さん感じたことがあると思います。
先延ばしにしているうちにあと戻りできなくなってしまった状態が高度肥満です。食事が我慢できない、運動したいけど膝が痛くてできない悪循環に陥ってしまいます。高度肥満の方は健常の方よりも生活習慣病にかかりやすいですし、死亡率も高いです。もし減量し、元の自分に戻りたいと思っていても一人ではなかなかできません。僕が海外で多くの方を診てきたときに、一番必要だと思ったことは動機(モチベーション)です。ある方は歩けるようになりたい、子供が欲しい、家族のために減量したいなど人によって理由は様々ですが、しっかりとした動機がある方はきちんと減量できます。手術はマジックではなく、あくまでもファーストステップです。その後の生活をサポートするのが一番大切であると僕自身は思っています。なかなか自分で減量する糸口が見出せないのであれば、気兼ねなくご相談ください。

高橋医師
高橋医師の医師紹介をみる

当院の特徴

アイコン
埼玉県で初の減量外科施設です。減量外科では手術もちろん大切ですが、術前術後のフォローも非常に大切です。病院に無理なく、通えることが重要です。
海外で減量外科のトレーニングを積んできたため、多様な症例の経験があります。
腹腔鏡手術に精通している外科医が多数在籍しています。
手術だけを考えると1泊2日で行えますが、より綿密にサポートするために術前1-2週間入院し、減量に加えて、術後合併症を低下させるため、超低カロリーダイエット等我々のチームが介入し安全に手術が行えるようにサポートします。術後も安心して自宅での継続的な減量ができるようサポートします。
当院の減量外科チームは、大手サプリメント会社DHCと提携しております。術前の食事、術後のサプリメントを安全性・効果の高いものを使用しており、手術の適応にならない方に対してもサポートさせて頂きます。
ご予約は、専用ダイアルで承ります。

048-928-3112

メールからのお問い合わせ

TOP