みなさまからのメッセージ

文字サイズ
  • 中
  • 大
  • 特大

Our Treasure みなさまからのメッセージ

メッセージのご紹介

胃粘膜下腫瘍に対してESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を受けられた
患者さんからのお手紙です。

「最上の医療を受けることができた幸運に感謝!」

「癌ではありませんよね?」「癌ではありませんが、今後大きくなったら切り取った方が良いでしょう。」海外赴任直前(2013年3月)に別の医療機関で受診した胃カメラで噴門部の胃粘膜下腫瘍と診断され、担当の医師とこんな会話を交わしてイギリスへ飛び立ちました。

当時の「癌ではない」という言葉に安心し、海外赴任後しばらくは気に留めなかったのですが、ふと思い出して胃粘膜下腫瘍とはいかなる腫瘍なのか調べてみると、GISTなど悪性の可能性もある腫瘍であること、噴門部の腫瘍の場合、胃の全摘出となる場合もあることなどを知りました。私自身、数年前に父親を胃癌で亡くしていること、またここイギリスでは希望する治療が受けられない可能性もあることから大きな不安に駆られ、日本で信頼できる医師を見つけしっかりと診断・治療を受けたいという思いを強く持つに至りました。

そんな中、ネットで金平先生が胃粘膜下腫瘍切除を始めとする腹腔鏡手術のパイオニアかつ名手であることを探し出し、思い切って「次回の日本出張時(2014年3月)に診察を受けたい、手術が必要な場合は金平先生に執刀いただきたい」旨を金平先生に直接メールしました。そんな突然かつ不躾なメールにも拘らず、メールを出した翌日に返信いただき、「胃粘膜下腫瘍は多く経験していますので、お力になれると思います。是非いらっしゃってください。」と力強いコメントをいただきました。

日本帰国時の検査では、日本滞在期間が限られていることを踏まえ、診断に必要な検査(CT・超音波内視鏡)と金平先生の診察を1日でまとめて受診できるようにアレンジしていただきました。金平先生ならびに超音波内視鏡検査をご担当いただいた内視鏡診療部長の吉田先生からは、「外科的急所ともいえる難しい位置にある腫瘍であるが、幸いにも第四層に達しておらず、内視鏡で切除可能でしょう」という診断をいただきました。二人の先生方の丁寧な説明と診断に、全く迷うことなく内視鏡での切除(胃内視鏡粘膜下層はく離術(ESD))をお願いしました。受診前は不安で一杯でしたが、二人の先生方と話すだけで、もう治ったような不思議な安心感を覚えたのです。

治療は吉田先生に担当いただきました。施術は30分弱でしたが、鎮静剤のおかげで治療開始とほぼ同時に意識が無くなり、目覚めたのは内視鏡が取り除かれた後でした。今回の治療は標準的な術式ではなく、切除が難しい腫瘍とのことでしたが見事成功。術後に画像を交えて腫瘍と治療の状況を丁寧に説明いただき安堵するとともに、良いタイミングで最上の治療を受けることができた幸運に感謝しました。

退院後に知らせていただいた病理検査の結果は良性でほっと胸を撫で下ろしました。私のケースでは腫瘍サイズが1.4㎝でしたので、経過観察という選択肢もあったようです。しかしながら、良性か悪性か不明でかつ良性であってもいつの日か悪性のポテンシャルがでてくる可能性もあったことから、海外で不安を持ちながら経過観察を続けるより、思い切って治療する選択をしました。また胃粘膜下腫瘍でESDを行っている病院が少ない中、着任間もない吉田先生にめぐり会えたことも大きなご縁を感じたのです。

明るく、それでいて落ち着いたメディカルトピア草加病院の雰囲気は他の病院とは異なるものでした。入院は4泊でしたが、吉田先生をはじめ看護師、病院スタッフの方々間の連携や対応も非常にしっかりしておられ、病院全体の高いモラルを感じながら、快適な入院生活を過ごすことができました。特に看護師の方々は患者への配慮を第一にしつつ、明るくてきぱきと動かれており、接していて大変気持ちの良いものでした。また、術前検査ではCT・超音波内視鏡検査と金平先生の診察を1日でできるようにアレンジいただくのも容易ではなかったと思いますが、イギリスからのメールでのやりとりできちんとご対応いただき、帰国時のスケジュールが効率よく立てられたことも非常に助かりました。

振り返ると、日本から遠く離れた土地で健康に不安を抱えていた私に、治療へと一歩踏み出させてくれたのは、メディカルトピア草加病院HPと金平先生の個人HP(ELK)での開かれた情報でした。一般的に医療に関する情報は理解が難しく敷居が高いのですが、これらHPは患者目線で分かりやすく情報公開されており、またメールで金平先生に直接アクセスできることが何にも増して有難く、前向きに治療に向かおうという気持ちにさせてくれました。

最後に、常に真摯に、丁寧に、明るく対応いただいた先生方はじめ病院スタッフの皆様に感謝申し上げるとともに、この体験記が、同様に胃粘膜下腫瘍で悩まれている方に何らかの助けになれば幸いです。

他のメッセージを見る

  • 女性泌尿器科 快適な生活のために
  • くるしくない内視鏡検査
  • メディカルトピアヘルニアセンター
  • からだにやさしい胆石症手術
  • からだにやさしい大腸がん手術
  • からだにやさしい婦人科手術
  • からだにやさしい胃の手術
  • からだにやさしい下肢静脈瘤手術
  • いつまでもいきいきと スポーツ整形外科

TOP