リハビリテーション技術科とは

リハビリテーション技術科とは

リハビリテーション技術科は、医師の指示のもとに患者さんの機能回復や日常生活動作の向上のお手伝いを行います。 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが、さまざまな手段や治療機器を使用して、一日でも早く患者さんが身体的精神的に健康になれるようサポートしております。
私たちは次の3つのSを大切にしています。Smile/患者さんの笑顔を大切に、Study/常に向上心を忘れずに、Sincerely/誠意をもって取り組もう。

リハビリテーション技術科の仲間をみる

リハビリテーションとは

リハビリテーションには大きく分けて、「理学療法」、「作業療法」、「言語聴覚療法」の3つがあります。

理学療法

病気や怪我、加齢や障害により身体機能が低下した方に対し、基本動作に必要な身体機能の維持や回復、また予防を目的に、運動療法や物理療法を行います。そして、身体機能の維持・向上を目標に対象者ひとりひとりに合った質の高い生活の獲得を目指します。
理学療法士は動作の専門家です。寝返る、起きる、座る、立ち上がる、歩くといった基本動作の改善を目指します。 具体的には、筋リラクゼーション、関節可動域の拡大、筋力強化、痛みの軽減、バランス能力向上といった身体機能の維持・向上を目的とした運動療法、また、起居動作練習や歩行練習といった直接的に基本動作に結びつける治療を行い、対象者、もしくはご家族の希望とされる生活の支援を行います。

理学療法

理学療法

作業療法とは

入浴や食事などの日常を過ごすことが難しい方のサポートを行います。 必要な身体運動機能や精神心理機能の回復、向上または維持を目的として、作業活動を提供していきます。 また安全に生活を送るために環境を整えることも行います。つまり患者さんが自立した生活に近づけるよう、機能回復から日常生活までをサポートするのが役割です。
具体的には、絵画、園芸・手工芸・木工などの作業を行うことにより、 患者さんの身体運動機能の改善を目指します。

作業療法

言語聴覚療法

脳卒中等の病気や交通事故、発達上の問題などによって、言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が損なわれ、ことばによるコミュニケーションが取りにくくなった方のサポートを行います。 失われた機能の回復と新たにできる方法を患者さんと相談しながら見出し、改善していきます。
脳卒中後の言語障害(失語症、構音障害)や聴覚障害、ことばによるコミュニケーションの問題は多岐にわたります。 言語聴覚士はこうした問題の本質やメカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言その他の援助を行います。

言語聴覚療法

  • 女性泌尿器科 快適な生活のために
  • くるしくない内視鏡検査
  • メディカルトピアヘルニアセンター
  • からだにやさしい胆石症手術
  • からだにやさしい大腸がん手術
  • からだにやさしい婦人科手術
  • からだにやさしい胃の手術
  • からだにやさしい下肢静脈瘤手術
  • いつまでもいきいきと スポーツ整形外科

TOP