メディカルトピアの仲間たち 看護部手術看護科 工藤ゆかりさん

文字サイズ
  • 中
  • 大
  • 特大

プロフェッショナルとして

看護部手術看護科 工藤ゆかりさん

看護部手術看護科 工藤ゆかりさん

お仕事を紹介して下さい。

手術チームの一員として、手術が安全に行われるよう、執刀医や麻酔科医のサポートを行っています。手術中は少しのミスも許されないので、とても緊張します。また患者さんに少しでもリラックスしていただけるように、さまざまな工夫をしています。

手術を受けるのは誰でも不安ですものね。

患者さんと接する時間は短いですが、患者さんにとっては最も緊張する時間帯なので、心を込めて寄り添うようにしています。手術前日にお好みの音楽やアロマを伺って、あらかじめ準備してお迎えしています。多くの患者さんに「不安なく手術を受けられた」と喜んでいただいています。

前々回の小早川さんと同じ、メディカルトピアの一期生です。

学生時代から手術室看護師に憧れていました。有名な金平先生を中心に新しいコンセプトの病院ができると聞いて、絶対に自分も参加したいと思いました。最近だんだん大きな手術につけてもらえるようになり、自分の成長を実感しています。同期のみんなもそれぞれの部署で活躍しているので、負けないように頑張っています。

プライベートでの楽しみを教えて下さい。

お買い物や映画鑑賞です。洋画邦画を問わず幅広いジャンルの映画を見ています。特に友人とホラー映画をみて絶叫するのが、いいストレス解消になります。また以前に参加して楽しかったので、もう一度マラソン大会にチャレンジしてみようと思っています。

1年後、10年後の目標を教えて下さい。

まずは手術室看護師として、周りの皆さんにもっと信頼していただくことです。災害対策委員としては、いざという時に患者さんを守れるような実践的な訓練を企画していきたいです。10年後には、もっと幅広い知識や経験を積んでいたいです。他の病院や外国の病院の手術室にも見学に行きたいと思います。そのころには同期のみんなと、メディカルトピアの中心を担っていると思います。

前々回の小早川さん同様に、メディカルトピアが新しく立ち上がった春に新卒で仲間になってくれた工藤さん。明るく積極的な性格で、いろんなことにチャレンジしてきました。今では手術室のムードメーカーとして活躍してくれています。これからも、メディカルトピアのポジティブな文化をさらに発展させていってくれることを期待しています。

他の仲間を見る

  • 女性泌尿器科 快適な生活のために
  • くるしくない内視鏡検査
  • メディカルトピアヘルニアセンター
  • からだにやさしい胆石症手術
  • からだにやさしい大腸がん手術
  • からだにやさしい婦人科手術
  • からだにやさしい胃の手術
  • からだにやさしい下肢静脈瘤手術
  • いつまでもいきいきと スポーツ整形外科

TOP