イメージ

診療部医師のご紹介

吉田智彦

吉田智彦

自己紹介

私はこれまで総合内科の診療を基本としながら、消化管といわれる食道から大腸までの病気の診断と治療に携わってきました。特にその中でも、早期がんの診断と治療で多くの経験と実績をつんでまいりました。これからも、患者さんとの信頼関係や地域医療との関係性を大事にしつつ、内視鏡診療部を発展させていきたいと思います。
趣味は本を読むこと、旅行をすること、おいしいものを食べることが好きで、家族と過ごす時間を大切に思っています。また健全な精神は健全な身体に宿るという言葉にもあるように、普段の生活でもなるべく健康的に、適度な運動を行うよう心懸けています。

患者さんへのメッセージ

皆さんはなぜ内視鏡の検査を受けるのでしょうか?大きく分けてふたつの目的があると思います。ひとつは現在困っているお腹の症状の原因を調べて、治療を行うためです。もうひとつは、がんをより早期に見つけるためです。
早い段階でみつかった消化管の腫瘍は、内視鏡治療や手術により完全に体から取り除くことが可能です。逆に進行してしまった腫瘍は、手術や化学療法をおこなっても根治を目指すことはできなくなってきます。消化管の腫瘍はなかなか症状にあらわれにくいので、検査を行わない限りは早期の発見はできません。

近年、早期がんに対して内視鏡の治療手技が発達してきており、多くのがんを内視鏡的に根治することが可能となってきました。しかしその治療を行うには、高度な内視鏡治療技術が要求されます。私は特にこの診断、治療に力を注いで診療を行ってきました。また微小ながんを見逃さない検査を常に心がけています。

早期がんの発見には、定期的な検査が必要になります。しかし苦しいからと検査を避けている方もおられると思います。当院では検査を受けられるかたの負担を減らすことができるように、ご希望に応じて、細いスコープを用いる経鼻内視鏡の選択や、静脈麻酔の使用をいたします。また検査後のリカバリールームも充実させました。

安全、安心の医療、そして最先端の内視鏡器具を用いた高水準の医療を提供いたします。現在内視鏡室に勤務している看護師は皆内視鏡技師免許を持っています。
当院で検査を受けた後に、また再度検査を受けて頂けるように、そして知り合いの方にも検査を勧めてもらえるような検査室になるようスタッフ一同、日々努力していきたいと考えております。

専門分野

内視鏡検査、内視鏡治療

資格・認定医

日本内科学会認定医、総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会関東地方会評議員
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医
日本消化管学会認定医 専門医 指導医
日本消化器がん検診学会認定医(胃部門)
がん治療認定医
日本ヘリコバクター学会H.pylori感染症認定医
日本医師会認定産業医
死体解剖資格認定医

内視鏡実績

上部消化管内視鏡検査 7,600件
内視鏡粘膜下層剥離術(食道、胃、大腸) 350件
大腸内視鏡検査 3,500件
大腸内視鏡治療検査 1,200件

出身大学・卒業年

平成16年昭和大学 卒業

経歴

平成16年 昭和大学病院初期研修(藤が丘病院)
平成18年 昭和大学附属豊洲病院消化器内科
平成20年 昭和大学大学院
  医学研究科病理学修了(医学博士)
平成22年 がん研有明病院内視鏡診療部(国内留学)
平成23年 昭和大学附属豊洲病院内科助教
平成26年 メディカルトピア草加病院 内視鏡診療部部長
  現在に至る

他の医師を見る

  • 女性泌尿器科 快適な生活のために
  • くるしくない内視鏡検査
  • メディカルトピアヘルニアセンター
  • からだにやさしい胆石症手術
  • からだにやさしい大腸がん手術
  • からだにやさしい婦人科手術
  • からだにやさしい胃の手術
  • からだにやさしい下肢静脈瘤手術
  • いつまでもいきいきと スポーツ整形外科

TOP