イメージ

診療部医師のご紹介

當摩祥子

當摩祥子

自己紹介

越谷生まれの越谷育ちで、ようやく地元に帰ってきました。
もともと、のんびりおおらかな性格と言われますが、大学~18年間も栃木の温和な方々とのんびりした環境に浸かっていたこともあり、最近さらにパワーアップしてしまったように思います。
学生の頃に、手術でなく侵襲の少ない内視鏡で治療が完結することに驚き、病院実習で乳頭部癌の患者さんと向き合ったことから、診断・治療から終末期まで長く係わりたいと思い、消化器内科を専攻しました。
吐血等、緊急性の高いものからじっくりと向き合うものまで幅広い診療スタイルのある消化器内科は選んで正解だったと今も思います。
大学病院では先輩方の愛情あふれるご指導のもと、上部消化管、特に早期胃癌の内視鏡診断(特殊光・拡大)・治療(ESD)を主に、消化器一般の診療に携わってきました。大学病院で学んだ知識・技術を、地元で還元できればと思っております。

患者さんへのメッセージ

病院に受診することって、面倒でなかなか勇気がいるものだと思います。実は私もそうです。
長時間待たされたり、こんなこと相談してもいいのだろうか?いきなり怖い検査を勧められないだろうか?
実はアルコールをたくさん飲んでいるけど、ホントの事は怒られそうで言えない・・・
怒りませんから、病気がひどくなる前に些細なことでも気軽にご相談ください。
不安を抱えて毎日過ごすなら、一緒に不安を解消させていただければと思います。
また、治療・検査についても可能な限りご本人さんの考えに合わせて提供したいと考えておりますので、どうぞご自身の思いをお話しください。時にはお待たせしてしまうこともあると思いますが、その分お話は聴かせていただきますのでご容赦くださいね。どうぞよろしくお願いします。

専門分野

消化器一般
特に上部消化管(早期胃癌の内視鏡診断・治療)

資格・認定医

日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医

出身大学・卒業年

平成14年 獨協医科大学卒業

経歴

平成14年 自治医科大学病院 内科レジデント
平成17年 自治医科大学病院 消化器肝臓内科入局
平成18年 小山市民病院 消化器内科(医局派遣)
平成20年 自治医科大学病院 消化器肝臓内科
平成22年 同 病院助教
  古河赤十字病院 消化器内科(医局派遣)
平成24年 同 副部長
平成25年 自治医科大学病院 消化器肝臓内科
  検診センター兼務
平成26年 現職

他の医師を見る

  • 女性泌尿器科 快適な生活のために
  • くるしくない内視鏡検査
  • メディカルトピアヘルニアセンター
  • からだにやさしい胆石症手術
  • からだにやさしい大腸がん手術
  • からだにやさしい婦人科手術
  • からだにやさしい胃の手術
  • からだにやさしい下肢静脈瘤手術
  • いつまでもいきいきと スポーツ整形外科

TOP