イメージ

診療部医師のご紹介

斎藤佳代子

斎藤佳代子

自己紹介

“人の役に立つ仕事をしたい“という思いから医師を志し、一念発起して医学部へと入学しました。大学入学後もその思いは褪せることはないものの意識する機会も少ない日々を過ごしておりました。そんな中、インドのマザーテレサの施設の一つ「死を待つ人の家」を訪れ、言葉も通じぬ人々の身の回りのお世話をしながら、当時の医学生の自分のできることがいかに限られていることかを知るとともに、専門知識だけで人を癒すことができないこともまた同時に感じました。
これまで、長野と鹿児島で医師として働くなかでも、そのことは忘れぬよう意識してきたつもりです。専門知識も人としての癒す力もまだまだ精進が必要ですが、皆様のお役に立てるよう精一杯頑張っていきたいと思います。

患者さんへのメッセージ

数年間、アメリカで言葉も思うように通じず生活していた際、医療機関で働く側ではなく、受診する側として過ごしました。患者として言いたいことをきちんと伝えられなかったり、医師からの説明も理解したつもりが後から疑問が湧いてきたり、さらには説明が速すぎてついていけなかったり。と、いろいろな経験をしました。できるだけ、わかりやすい言葉でお話ししたいと思いますので、疑問に思うことや不安に思うことをお気軽にご相談いただき、患者さんが安心できる医療を提供していければと思っております。

専門分野

消化器内科

資格・認定医

日本内科学会認定内科医

出身大学・卒業年

平成18年 鹿児島大学医学部卒業

経歴

平成18年 佐久総合病院 初期研修
平成20年 佐久総合病院 後期研修
平成22年 鹿児島大学病院 消化器内科 医員
平成24年 Beth Israel Deaconess Medical Center
(米国ボストン)消化器内科Research Fellow
平成28年 メディカルトピア草加病院消化器内科

他の医師を見る

  • 女性泌尿器科 快適な生活のために
  • くるしくない内視鏡検査
  • メディカルトピアヘルニアセンター
  • からだにやさしい胆石症手術
  • からだにやさしい大腸がん手術
  • からだにやさしい婦人科手術
  • からだにやさしい胃の手術
  • からだにやさしい下肢静脈瘤手術
  • いつまでもいきいきと スポーツ整形外科

TOP